マヌカハニー 発ガン性

 

危険な真実
実は市販のマヌカハニーの90%は○○だって知っていましたか?

マヌカハニーの本当の選び方って知っていますか?何も知らずに買ってしまうとあなたはかなりの確率で後悔してしまうことになります。

 

マヌカハニーを購入する前に必ず知っておいてほしい重要な事をこっそり紹介しています。

 

↓要確認↓
マヌカハニーの効果と選び方!本当におすすめのマヌカハニー3選

 

マヌカハニーの発ガン性の副作用は?

胃がんの原因であるピロリ菌に効くと言われるほどの強力な殺菌作用と抗菌作用があるマヌカハニーは癌をはじめとする重篤な病気をもつ方に多く愛用されるスーパーフードのひとつ。日本では馴染のないはちみつの種類であるため様々な悪評があるのもまた事実。

 

その中でもとくにマヌカハニーには発ガン性がある!という噂を聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

これが本当だったら健康にいいどころか副作用ばかりの詐欺食品と言うことになってしまいますよね。ここでは科学的にみたマヌカハニーの発ガン性について考えてみたいと思います。

 

 

なぜマヌカハニーに発ガン性があると噂されるの?

マヌカハニーの抗菌力や免疫力向上効果の秘密はメチルグリオキサールと呼ばれる成分が関係しています。マヌカハニーは昔から癒しの木としてニュージーランドの先住民であるマオリ族から大切にされてきました。

 

そのときはなぜマヌカの木が健康にいいのかということは科学的に検証されていませんでしたが、今では体内環境を整えるために有効であるということや、虫歯やヘルペス、アクネ菌などに効果的だという様々なことが分かっています。抗ガン治療にも実際に使われるほどのマヌカハニーがなぜ発ガン性を疑われるようになったのでしょうか?

 

その答えは、東北大学の小川教授らのグループによる研究論文が原因だと言われています。

 

それは血中のメチルグリオキサールは5年後の糖尿病性血管障害を引き起こすという研究論文です。ただこれは癌への関係性はまったくありません。実際にマヌカハニーの発ガン性への言及について研究論文提出者の小川教授本人は以下のように説明しています。

 

食品として摂取されるマヌカハニーのメチルグリオキサールが発ガン性と関係性があるということに関しましては医学的照明ができない観点から返答のしようがありません。発表の論文は生体内で産生されるメチルグリオキサール値が血中に高い糖尿患者の例では5年間の血管障害がより強く進行するという研究成果です。そして、マヌカハニーを摂取した結果、上記の血管障害の原因となったというデータはありません。従って、マヌカハニーとメチルグリオキサールの発ガン性の相対性については事実無根である。

 

ということです。

 

ひとつの副作用の可能性としての見方が風船のようにどんどん噂として膨れ上がっていたということですね。

 

UAE大学の研究結果ではがん患者の癌細胞の増殖を防ぐという研究結果もでているため、実際のマヌカハニーの効果としてはむしろ癌に対して効果的であるという見方ができます。

 

マヌカハニーは健康な細胞に対しては全くの副作用を示さないとい検証されているため、まさに健康に様々な好影響をもたらすスーパーフードであるということができます。