はちみつ 効果効能 特徴

 

危険な真実
実は市販のマヌカハニーの90%は○○だって知っていましたか?

マヌカハニーの本当の選び方って知っていますか?何も知らずに買ってしまうとあなたはかなりの確率で後悔してしまうことになります。

 

マヌカハニーを購入する前に必ず知っておいてほしい重要な事をこっそり紹介しています。

 

↓要確認↓
マヌカハニーの効果と選び方!本当におすすめのマヌカハニー3選

 

世界一分かりやすいはちみつの特徴と効果効能講座!

はちみつっておいしいですよね。個人的には焼き立てのトーストにたっぷりはちみつをかけて食べるのが大好きです!

 

ただ、はちみつって当たり前のように食べてきたけど、どうやって作られてどんな特徴があるのか知らないという方も多いはず。

 

ここではあなたの知らないはちみつの秘密をたっぷり紹介していこうと思います。

 

 

はちみつってそもそも何?

はちみつは名前の通り蜂たちが作った蜜のこと。はちみつを作るのはミツバチたちで、様々な花の蜜(はちみつが採取できる16種類の花一覧)をせっせと集めて巣の中に持ち帰り加工し生成します。

 

つまりはちみつとは蜂の力のみで作られた天然のスイーツなんです。

 

花の蜜にはショ糖と呼ばれる糖分が含まれています。そのショ糖をミツバチたちは体内の唾液酵素によってブドウ糖と果糖に分解し巣の中に貯蔵します。そして羽根を必死に羽ばたかせ水分を少しずつ蒸発させることで、糖度を80%まで自力で高め濃縮していくんです。

 

これが「純粋生はちみつ」といい、わたしたちの生活の中では比較的高価なはちみつとして取り扱われています。

 

スーパーなんかで安いはちみつってありますよね?じつはあれはちみつ風味のシロップなんです。多くは中国産で品質が低く悪影響があるものとされています。数年前に中国産のはちみつを偽装したというニュースもありましたので覚えている方も多いでしょう。

 

純粋生はちみつと安価なはちみつは味もまったく異なりますので食べればすぐに分かります。

 

ミツバチたちが採取する花の蜜によって種類は異なってきますが、近年話題のマヌカハニーというはちみつはニュージーランドに自生するマヌカ木の花の蜜を材料につくった最高級のはちみつです。近年日本で急速に人気になったマヌカハニーについてはこちらの記事でまとめています。

 

マヌカハニーとは?

 

糖度が80%まで高められたはちみつは腐らず、時間によって成分も一切劣化しないという優れた保存食品です。そのため生はちみつには賞味期限はおろか、賞味期限も存在しません。

 

驚くことに、3300年前のはちみつ壺がエジプトの墓から発見されましたが、品質に劣化はなく食べることができたという逸話があるほど。まぁ、でもあまり食べてみたいとは思いませんよね笑

 

 

はちみつの栄養と成分

はちみつは砂糖と比べてもカロリーが少なく、血糖値の上昇を抑える効果のある優れたべ物です。

 

はちみつの栄養価は100gで294キロカロリー!対してお砂糖は350キロカロリーもあります。主成分は40%がブドウ糖、そして50%が果糖からなっています。

 

その他にもわたしたち人間が生活していく上で必要不可欠な栄養素がとても多く含まれています。はちみつに含まれる成分についてはこちらの詳細記事からご覧ください。

 

はちみつが赤ちゃんに危険な理由

2017年、はちみつを乳幼児に食べさせ死亡するという悲しい事故がありました。

 

30年ほど前、はちみつを赤ちゃんに食べさせてはいけないということが常識でしたが、つい最近ではクックパッドなどの誰でも投稿できるレシピがまるではちみつが赤ちゃんの離乳食に向いているかのような誤解を受ける内容で掲載されており、はちみつの赤ちゃんに対する危険性が曖昧になっていたのが大きな原因です。

 

とても大切なことなのですが、はちみつは絶対に1歳未満の赤ちゃんにたべさせてはいけません。

 

はちみつを含む食品すべてなので必ず覚えておきましょう。1歳未満の乳幼児は消化器官が未発達のため抵抗力がありません。そしてはちみつ製品には稀にボツリヌス菌が混入していることがあります。

 

ボツリヌス菌のことを詳しく知りたい方はこちら【ボツリヌス菌とは?】でまとめてありますので必ずご確認ください。

 

ボツリヌス菌を摂取してしまった赤ちゃんは乳児ボツリヌス症(乳幼児ボツリヌス症の症状について)を発症させてしまう可能性があるため、1987年に厚生労働省は1歳未満へのはちみつの摂取をしないよう指導しています。30年前に指導していたことで今ではそれが常識のような過信に繋がってしまったのも先ほどの事故の原因と言えます。

 

はちみつの効果効能

はちみつはさまざまな健康効果があります。エネルギーとしての消化が早いというだけではなくあなたが知らない驚く効果もあるかもしれません。いくつか紹介していきましょう。

 

・殺菌効果

はちみつには医療現場で消毒や殺菌目的で使われるグルコン酸という成分が含まれていますが、これには高い殺菌作用があります。またはちみつには水分含有量が少なく、浸透圧効果が高いので細菌の水分を奪い取り死滅させるという効果があり抗菌・殺菌作用が期待できます。

 

・傷の治療効果

医療現場でも火傷治療などに使われるほど傷の治癒効果が高いはちみつですが、口内炎やニキビケアなどに効果的です。喉が痛くなって扁桃腺が腫れてしまった場合、高い保湿力と殺菌効果でのどの痛みを緩和してくれます。うがいをするときにぬるま湯に少しはちみつを溶かしてあげると効果が高くなります。

 

・疲労回復効果

疲労には糖分が効果的だということは有名ですが、はちみつに含まれているブドウ糖はとても消化吸収が早いため、即効性の疲労回復効果があります。

 

・便秘改善効果

はちみつは腸内環境を整える整腸作用があるため、便秘解消効果があります。はちみつはビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす働きがあるので、便秘の方におすすめです。

 

・動脈硬化の予防

血管の層が固くなる動脈硬化には、はちみつに含まれるコリンという成分が効果的です。コリンは血管を拡張させ、血圧を下げる働きがあるためです。また、カリウムには塩分過剰摂取によって増えたナトリウムバランスを整える作用があるため、高血圧の方におすすめです。

 

 

まとめ

はちみつの効果効能、そして今まで知らなかったはちみつの特徴を知ることができましたか?

 

はちみつはおいしいだけじゃなく体にとってもうれしい働きがたくさんあるので、積極的にはちみつを摂取していくようにしましょう。近年、健康に効果的だと爆発的人気になっているマヌカハニーというはちみつは、あなたが今まで食べてきたどのはちみつよりも高い健康性能があります。

 

16種類あるはちみつの中で注目のマヌカハニーについてはこちらをご参照ください。