マヌカハニー 妊娠中

 

危険な真実
実は市販のマヌカハニーの90%は○○だって知っていましたか?

マヌカハニーの本当の選び方って知っていますか?何も知らずに買ってしまうとあなたはかなりの確率で後悔してしまうことになります。

 

マヌカハニーを購入する前に必ず知っておいてほしい重要な事をこっそり紹介しています。

 

↓要確認↓
マヌカハニーの効果と選び方!本当におすすめのマヌカハニー3選

 

妊娠中でもマヌカハニーは大丈夫?妊婦でもはちみつを食べれる理由

最近ははちみつに混入していることがあるボツリヌス菌がなにかと話題になりました。1歳未満の赤ちゃんには絶対にはちみつ(マヌカハニーを含む)は食べさせてはいけません。

 

乳幼児ボツリヌス症についてはこちらをご覧ください。『乳幼児ボツリヌス症とは?※必読です。

 

では、赤ちゃんがおなかの中にいる妊娠中のママははちみつやマヌカハニーを食べてもいいのでしょうか?

 

 

結論から言えば「食べても大丈夫」です。

 

ただ一言でこう言われても不安なはず。もっと具体的に悩みを解決していきましょう。

 

 

マヌカハニーを妊婦が食べても良い理由

まず第一にマヌカハニーははちみつの一種なのでそれぞれ別のものと考える必要はありません。はちみつにボツリヌス菌が混入している可能性があるように、マヌカハニーにも同じようにその危険性があります。

 

なぜ殺菌力の強いマヌカハニーにボツリヌス菌が含まれている可能性があるの?という方はこちら『マヌカハニーにボツリヌス菌が含まれているかも知れない理由』をご覧ください。

 

マヌカハニーをはじめとするはちみつに含まれるボツリヌス菌は1歳以上の人が食べてもなんの問題もありません。それは消化器官がしっかりと酸性に保たれているためです。

 

しかし発達が未熟な赤ちゃんは消化器官がまだまだ発達していないため、ボツリヌス菌の芽胞がそのまま消化器官で発芽し、毒素を発生させてしまう恐れがあります。

 

ただそれは血液が関与するものでは一切ありません。

 

つまり、妊娠中のあなたがはちみつやマヌカハニーを食べてもあかちゃんにそのままボツリヌス菌がいってしまう可能性は0だということです。

 

妊婦のあなたがはちみつを食べて赤ちゃんになんらかの影響があることはまずありえませんので安心しましょう。

 

タバコやアルコールなどは血中に成分が含まれてしまうので絶対に摂取してはいけませんが、食品のはちみつはあなたの消化器官を通して栄養となるので赤ちゃんへの心配をする必要はないんです。

 

それどころかマヌカハニーを食べることは妊婦にとってメリットしかありません。

 

 

妊娠中にマヌカハニーを食べるメリット

マヌカハニーには強い保湿力と殺菌力があるため、あなたの喉を保湿し風邪やインフルエンザウイルスが付着するのを防いでくれます。

 

そしてマヌカハニー独自の強い殺菌力(天然成分のメチルグリオキサールの作用)で風邪の菌やウイルスを除去する働きがあるんです。

 

妊娠中は風邪薬や抗生物質は飲めないので最新の注意を払っているはずです。マヌカハニーを食べれば除菌・防止のW効果を得られるという大きなメリットがあります。

 

妊娠中にマヌカハニーを食べることをおすすめする大きな理由はこれです。

 

また、妊娠してからあなたは強い便秘に悩まされていませんか?マヌカハニーは悪玉菌に作用し善玉菌を増やす整腸作用があるので、便秘解消に効くといううれしい作用があります。

 

安い量産型のはちみつにいろんな添加物が含まれているように、マヌカハニーでもそういった偽物の商品が多く出回っているのでもしもマヌカハニーを試してみたいという方は必ずマヌカハニーについての基礎知識を付けてから購入するようにしましょう。