はちみつ ボツリヌス菌

 

危険な真実
実は市販のマヌカハニーの90%は○○だって知っていましたか?

マヌカハニーの本当の選び方って知っていますか?何も知らずに買ってしまうとあなたはかなりの確率で後悔してしまうことになります。

 

マヌカハニーを購入する前に必ず知っておいてほしい重要な事をこっそり紹介しています。

 

↓要確認↓
マヌカハニーの効果と選び方!本当におすすめのマヌカハニー3選

 

知らないと後悔する!はちみつに含まれるボツリヌス菌の基礎知識

1歳未満の赤ちゃんにはちみつを食べさせたらダメな理由。それはボツリヌス菌です。

 

2017年3月30日、母親が自分の赤ちゃんにはちみつを食べさせて死亡させてしまうという悲劇が起きました。日本で乳幼児ボツリヌス症による死者が発生したのははじめてのことでした。

 

あなたは乳幼児にはちみつを食べさせてはいけないということを知っていましたか?多くの方は「そんなの常識!」と口をそろえて言うはずです。

 

ただ、あなたはボツリヌス菌がどんな最近なのかということまでしっかりと理解していますか?

 

多くの方が黙り込んでしまうかもしれません。

 

ここでははちみつに含まれているかもしれないボツリヌス菌について紹介します。必ず理解しておくようにしましょう。

 

 

まずは知っておきたいボツリヌス菌のこと

1987年から厚生労働省が注意喚起しているボツリヌス菌は土壌や空気中に広く分布している菌で、乳幼児以外の消化器官は酸性に保たれているため発症することがありません。

 

しかし、1歳未満の赤ちゃんは消化器官が未熟なためボツリヌス菌が体内で発芽し深刻な状況に陥ってしまう可能性があります。

 

今回の悲劇は、クックパッドなどの素人でも簡単に投稿できるレシピが問題になりました。あたかも赤ちゃんの離乳食に適したかのような記載があったことも1歳未満の赤ちゃんにとってのはちみつの危険性がまるでないかのような勘違いを引き起こさせた原因です。

 

1歳未満の赤ちゃんには絶対に食べさせてはいけません。個人的には3歳くらいまでは控えておいた方がいいのではないかと感じています。

 

 

ボツリヌス菌ってどんな細菌?

ボツリヌス菌は土の中に半結晶状態で休眠しています。そのときのボツリヌス菌のことを芽胞(がほう)と言います。この状態ではボツリヌス菌の芽胞は発芽しません。

 

この芽胞はとても耐久性が高く、熱湯の中にしばらくおいてもボツリヌス菌は死滅しないんです。

 

ボツリヌス菌の毒素は沸騰した100℃のお湯で10分間煮沸し続けることではじめて毒素がなくなりますが、死滅はせず生きた状態なんです。

 

 

つまり、ボツリヌス菌の除去は本当に難しいということ。

 

1歳以上の人間の体内に入っても消化器官が酸性に保たれているためボツリヌス菌の芽胞は発芽することはありません。しかし、1歳未満の赤ちゃんの体内に侵入すると消化器官の発達が未熟なため発芽し強力な毒素を放出してしまうんです。

 

 

ボツリヌス菌の毒はどれくらい強い?

ボツリヌス菌の毒素は自然界の中でトップクラスだといわれています。

 

ボツリヌス菌の芽胞はそう簡単に発芽することはありませんが、1歳未満の乳幼児の未発達な消化器官という最高の条件下では発芽し、死に至らしめる可能性も十分にあるんです。

 

2017年に乳幼児が死亡したのが日本では初めてですが、これを機に今まであいまいだったボツリヌス菌の危険性が再認識されることになりました。