UMFとMGOとの違い

 

危険な真実
実は市販のマヌカハニーの90%は○○だって知っていましたか?

マヌカハニーの本当の選び方って知っていますか?何も知らずに買ってしまうとあなたはかなりの確率で後悔してしまうことになります。

 

マヌカハニーを購入する前に必ず知っておいてほしい重要な事をこっそり紹介しています。

 

↓要確認↓
マヌカハニーの効果と選び方!本当におすすめのマヌカハニー3選

 

マヌカハニーのUMFってなに?MGOとの違いは?

マヌカハニー製品のほとんどには、UMFやMGOなどの表記がされています。この2つの違いや特徴についてここでは紹介しましょう。まず一番最初に知っておいてほしいのは、UMFという要素です。

 

このUMFはユニーク・マヌカ・ファクター(Unique Manuka Factor)の略で、マヌカハニー独自の要素という意味があります。これはマヌカハニーが健康に様々な好影響を与えるMGOのメチルグリキサールという成分が発見されるずっと前から使われてきた最初のマークです。

 

このUMFに記載されている数値は、マヌカハニー特有の抗菌活性成分が同じ濃度の消毒薬と同じ抗菌作用があることを示していました。

 

そのためUMF20+という表記は、20%濃度の消毒薬と同じだけの殺菌力があるということを示す意味があったんです。数値が高ければ高いほど強い抗菌力・殺菌力がありますが、このUMFという表記は曖昧だとされているため、今ではほとんどのマヌカハニーがMGO(メチルグリキサール)という表記を使っています。

 

 

信憑性の高い表記は?UMF?MGO?

UMFとMGOはどちらが信頼できる表記なのでしょうか?実はあまり知られていませんが、MGOの表記はUMFよりも正確性が高いとされています。2008年にドレスデン工科大学のトーマス教授は天然生成されるメチルグリオキサールがマヌカハニーの抗菌性物質を担う主成分だということを発見しました。

 

MGOマークは1s中の中に何mgのメチルグリオキサールが含まれているかと言うことを示す表記で、UMFよりもより詳細にその数値が分かります。ただ、このMGOという表記はストロングマヌカハニーというマヌカハニーの中でももっとも抗菌力効果の高いマヌカハニーを販売しているTCN社の商標登録なので、他の製品では確認することができません。

 

もっとも抗菌力について高い推奨性を示しているマヌカハニーを購入するのであればTCN社のストロングマヌカハニーという製品を買うことをおすすめします。