マヌカハニー ピロリ菌

 

危険な真実
実は市販のマヌカハニーの90%は○○だって知っていましたか?

マヌカハニーの本当の選び方って知っていますか?何も知らずに買ってしまうとあなたはかなりの確率で後悔してしまうことになります。

 

マヌカハニーを購入する前に必ず知っておいてほしい重要な事をこっそり紹介しています。

 

↓要確認↓
マヌカハニーの効果と選び方!本当におすすめのマヌカハニー3選

 

 

 

マヌカハニーはピロリ菌を除菌できる?その効果と豆知識

ピロリ菌はヘリコバクターピロリの略称で、胃の中に存在しています。胃壁を傷付けてしまう厄介な細菌です。胃の中には胃酸という強い酸性液があるため最近は存在しないと長年信じられてきたせいで発見が1983年と長い時間がかかってしまいました。

 

ピロリ菌が胃がんや慢性胃炎、また胃潰瘍の原因の1つだと思われる方もいますが、そうではなく原因そのものだということを覚えておきましょう。

 

ピロリ菌さえ効率的に除去することができれば胃の疾患になる確率はかなりの低下するといってもいいほど、大切な事なんですね。

 

 

ピロリ菌の除去方法

胃がん患者の90%以上がこのピロリ菌に感染していることが確認されています。そういった現実を受けて2000年にピロリ菌の除菌療法に健康保険が国から認められるようになりました。

 

しかし、除菌のみの処置は健康保険適用外となるため、すでに特定の胃疾患にかかっていないと健康保険が効かないという厄介な特徴があります。

 

さらにこれらの抗生物質薬は副作用も強く、肝機能異常や味覚異常を引き起こすデメリットがあるんです。胃の中に住み着いてしまったピロリ菌は除菌が難しいといわれていますが、マヌカハニーを使えば非常に高い効果を発揮できるといわれています。

 

積極的にマヌカハニーを利用してピロリ菌を除去していくことが理想です。

 

 

マヌカハニーのピロリ菌への効果

ヨーグルトなどの乳製品がピロリ菌に効くといわれていますが、今全世界の医学界でも注目されているのがマヌカハニーです。マヌカハニーとはニュージーランドに自生しているマヌカの木から採取されるはちみつで高い殺菌能力をもっています。

 

実際に医療の現場でも使われるほどの実力でピロリ菌もしっかりと除菌してくれるので、抗生物質の服用で副作用などを心配している方にとっては頼れる存在になるはず。

 

マヌカハニーの水分は17%と少なく高い浸透率を誇るため細菌や雑菌は水分を奪われあっという間に死滅してしまうという特性を持っています。

 

またマヌカハニーに含まれるメチルグリオキサール(MGO)にも抗菌作用・殺菌作用があるためダブルでの効果が期待できます。

 

しかし、一般的に販売されているマヌカハニーのMGO濃度は低く、どの製品を選んでもピロリ菌へ効果があるというわけではありません。

 

効果的にピロリ菌を撃退したいのであれば濃度の高いものを選ぶ必要があります。

 

日本で販売されているものはTCN社が販売しているマヌカハニーがそれにあたります。

 

イギリスの医療専門雑誌のジャーナルオブザロイヤルソシエティオブメディシンという雑誌の1994年1月号ではマヌカハニーのピロリ菌に対する繁殖の抑制効果や殺菌効果が発表されているので医学的に見ても20年以上も前から医学界では広く知られているんです。